難解で解読の大変難しい楽譜を、簡単に、初歩の方でも安心して弾けるようにアレンジする。簡単なようで難しい作業だ。音の数を思いきって減らす。そこに新しい解釈を加える。簡単とは言っても、安定した響き、個性、意外性を残しながら
。演奏者に、なるほど!と思ってもらえれば幸せだ。普段の生活も同じだなあ。大切な事を選び取りシンプルでも充実した生活を送らないと、と我に帰る。