今日、僕は昼間、家を出て近所を散歩した。
通り過ぎる家々の軒先を観察するのが好きだ。
それぞれの軒先にある、こだわりの多種多様の植物を見ていると
つい、時が経つのを忘れてしまう。

「見事なもんだなぁ、美しいなぁ。」と感じた時
ふと玄関の扉をノックして植物を育てている住人と話したくなる。
もしその方と話をしたら
きっといろんな想いで育てていることを知るだろう。

少なくとも不幸を願って植物を育てている人はいないと思う。
それぞれの花がつぼみをつけ、咲き、香りが漂う頃
その周囲が穏やかであってほしいと願う。
そして通り過ぎる人にその想いが伝わり
どこまでも遠くにその穏やかな気持ちを運んで行ってほしいと思う。
7bb39a1d.JPG